特定商取引に関する法律の適用を受ける場合のクーリングオフについての説明書 


ご契約いただいた調査委任契約が「特定商取引に関する法律」の適用を受ける場合で、クーリングオフを行おうとする場合には、この説明書・ 調査委任契約書・重要事項説明書を充分お読み下さい。

 

①「特定商取引に関する法律」の適用を受ける場合で、クーリングオフを行おうとする場合には、この書面を受領した日から起算して8日以内は、お客様 (委任者)は文書をもつて調査委任契約の解除 (ク ーリングオフと呼びます)ができ、その効力は解除する旨の文書を発したとき に生ずるものとします。ただし、次のような場合等にはクーリングオフの権利行使はできません。*お客様 (委任者)が調査契約結果を営業用に利用する場合や、お客様 (委任者)からのご請求によりご自宅でのお申し込みまたはご契約を行つた場合、また郵便やメール・FAXなどの通信手段により契約が行われた場合等

 

②上記期間内に契約の解除 (ク ーリングオフ)があつた場合、

ア)受任者は契約の解除に伴う損害賠償または違約金支払を請求することはありません。

イ)契約解除のお申し出の際に既に受領した金員がある場合は、すみやかにその全額を無利息にて返還いたします。

ウ)すでに役務が提供されたときにおいても、受任者は、お客様 (委任者)に提供した役務の対価、その他の金銭の支払を請求することはありません。

 

③上記クーリングオフの行使を妨げるために請負者が不実のことを告げたことによりお客様 (委任者)が誤認し、または威迫したことにより困惑してクーリングオフを行わなかつた場合は、請負者から、クーリングオフ妨害の解消のための書面が交付され、その内容について説明を受 けた日から8日を経過するまでは、書面によリクーリングオフをすることができます。 

 

帝国中央調査株式会社


Copyright (C) 2017 IMPERIAL CENTRAL INVESTIGATION CO., LTD.. All Rights